FORUM

▽ここはシリアスなディスカッションのためのフォーラムです。
▽これはというトピックがありましたら投稿してください。
▽建設的な意見交換の場となるようご協力をお願いします。

【返信】

【 サバービアの憂鬱 】

本サイトのSuburban areaでお伝えしたように、「サバービアの憂鬱」の文庫版を出す年がやってまいりました。文庫版で使いたいと思っていた新しい資料もだいたい出揃い、それに目を通しつつ、流れを作っているところです。そこで、あまり数は多くないとは思いますが、単行本の方の「サバービアの憂鬱」をお読みになった方々に、このFORUMを使って、本の感想やご意見などをお聞きできればと思います。時々ネットで、絶版になっているこの本をいまも探している方をお見受けするのですが、どんな関心から探しておられるのかもお聞きできればと思います。もちろん、この本に対する意見だけでなく、たとえば日本のサバービアの憂鬱≠ノついてのご意見なども大歓迎です。どしどし投稿してください。ではよろしくお願いいたします。
                                                          大場正明


webmaster さん Mail 2001/01/07 <Sun> 13:53:43

【 Re[1] サバービアの憂鬱 】

えー、こんばんは。
先日、渋谷の飲み屋で同席した者です。
年末、『サバービアの憂鬱』を読み返したくなっていたので、
偶然とはいえ、まさかご当人にお目にかかれるとは(笑)。

再読しようと思ったきっかけは、
●中村融・山岸真編『20世紀SF(2)1950年代』(河出文庫)
を読んだためですが、巻末の解説にて編者の中村氏は
50年代アメリカのSF小説に共通するトーンを
「『平和な郊外生活が、目に見えない脅威にさらされている』という感覚である」
と分析しています。

というか、ここには『サバービアの憂鬱』のエコーが感じられるんですよね。


大城譲司 さん Mail 2001/01/23 <Tue> 00:25:23

【 Re[2] サバービアの憂鬱 】

大城さん、こんばんは。メッセージ、ありがとうございます。こちらこそ偶然とはいえ、この本の読者にお目にかかれるとは思いませんでした。できればあの場でもっと本の感想をいろいろ聞きたかったのですが、戻って調べごとをせねばならず、非常に残念でした。
そのきっかけのお話もすごくよくわかります。50年代のサバービアについては、主流文学よりもSFの方が敏感に反応していた部分が確実にあると思いますので。最初にこの本を書いたときは、ディックに1章をさくのをどうしようか、けっこう迷いました。SFに興味のない読者のことを考えると、章が変わって突然、ディックが出てくると面食らうのではないかという気がして。でもやっぱりSFの要素を絶対に入れるべきだと思って、あの1章を盛り込むことにしました。
また時間があったらぜひ飲みましょう。沖縄の陶器と料理のお話もしたいですし。本を再読して、また何か思うことがありましたら、ぜひ投稿をお願いします。ではまた。


webmaster さん Mail 2001/01/23 <Tue> 03:08:17

【 Re[3] サバービアの憂鬱 】

こんばんは。
ディックについてですが、前述の『20世紀SF(2)』にも
もちろんと言うべきか、「父さんもどき」という短編が収められています。
『サバービアの憂鬱』でディックが取りあげられたことについては、
まったく違和感をおぼえなかったと記憶していますが、
……いや、それはぼくがSFファンだったからかもしれません(笑)。

スティーヴン・キングにも1章を割かれていますが、
数年前、邦訳が刊行されたジャック・ケッチャム『隣の家の少女』(扶桑社文庫)は、
キング絶賛の凄惨な「ホラー」でした。
たしかこれも50年代アメリカの郊外を舞台としています。

……と書いていて、なんだか大場さんが書評を書いていたような気もしてきました@スタジオボイス。
(違っていたらすみません。)


大城譲司 さん Mail 2001/01/30 <Tue> 03:36:59

【 Re[4] サバービアの憂鬱→ディック&ホラー 】

大城さん、こんばんは。
このサイトのmovie(book)→genre→science fictionのコーナーにある「ディックと映画」でも触れていることなのですが、ディックに時代が追いついたというか、現代の日常がディック化したというか、そういう意味では、いまではもうサバービアという文脈にディックが出てきても違和感ないだろうなと思っています。「トゥルーマン・ショー」なんて、わたしには「時は乱れて」がヒントになっているとしか思えませんでした(笑)。
いえ、ケッチャムの書評は書いてませんが、「隣の家の少女」は、今回の文庫版で取り上げる本の候補の一冊にはなってます。大城さん、ホラーの方も好きなのですか。新しいもので、これはというお薦めがあったらぜひ教えてください。最近、あまりホラーはチェックしてないものですから。ひとつよろしくお願いします(笑)。
ではまた。


webmaster さん Mail 2001/01/31 <Wed> 02:27:34

【 まったくの余談ですが 】

ケッチャムの件は失礼しました。
とはいえ、ぜひ文庫版『サバービアの憂鬱』にて取りあげていただければと思います。

ところで、まったくの余談ですが 、ディック絡みでふと思い出した作品が。
法月綸太郎というミステリ作家がいるのですが、「ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか」という短編を書いています。
いま手元に本がないので、もしかしたらタイトルが違うかもしれませんが、『パズル崩壊』(集英社)という短編集に収められていることは確かです。
ディック好き、ロス・マクドナルド好きは楽しめるはずですが、マジメなミステリファンは怒るかも……。


大城譲司 さん Mail 2001/01/31 <Wed> 04:39:03

【 Re[1] まったくの余談ですが 】

文庫版は前のものとだいぶ流れが変わりそうなので、もしそこに収まらず、取り上げられなかったときは、このサイトの方に入れようと思います。文庫版の内容とこのサイトがスムーズに繋がって、広がりができるのが理想なのですが、うまくいきますかどうか(笑)。

その短編は読んだことがないですが、ロス・マクのファンとしては読みたくなりますね。ネットでちょっと調べてみましたが、タイトルもそれであっているみたいです。でも、内容は想像がつかない…アーチャーはやっぱり、出てくるんでしょうかね。近いうちに読んでみることにします。


webmaster さん Mail 2001/02/01 <Thu> 09:48:24

【 恐怖の隣人系 】

大場さん、大城さん、こんにちは。
渋谷の飲み会がフォーラム起爆剤になった!?感じですね。

きょう図書館に行ったので「隣の家の少女」探したけれど
なかったです。ケッチャム自体ないし。
例のブルース・ウィリスの「隣のヒットマン」は
見ましたけど、ちょっとちがいましたね。
主人公の奥さんがすでにヒットマン以上に性悪な
ビッチなんですよ(笑)。
怯える側が善人か偽善人でないと調子くるいます。


田畑裕美 さん Mail 2001/02/03 <Sat> 22:02:34

【 Re[1] 恐怖の隣人系 】

田畑さん、こんにちは。
「隣のヒットマン」、先週は行けるかなと思っていたのですが、原稿を書いているうちに出そびれました。田畑さんのコメントを読むと、ちょっと……ですね。でもいちおう近いうちに観ます。


webmaster さん Mail 2001/02/04 <Sun> 12:49:40

【 Re[2] 恐怖の隣人系 】

あ、でも映画としては面白いんです。
ちょっと昔のB級っぽくて。

米版ハーパース・バザー誌のリック・ムーディ記事、
タイトルはずばり、Suburban Legend(笑)。
新刊の短篇集(Demonology)は郊外のマクドナルドとか
結婚式場で働いてる人々が主人公だそうで、ちょっと
カーヴァーに近い気もしますが、もっと暴力の要素が
強いみたいです。面白そうですね。


田畑裕美 さん Mail 2001/02/04 <Sun> 22:21:44


この掲示板は管理者によってロックされています。

2006/06/15 <Thu> 20:30:05 〜