BBS

▽ここはテーマフリーの掲示板です。
▽気軽にメッセージを投稿してください。
▽ネチケットをお守りください。

【返信】

【 無題 】

大場さん、暑くなってきましたが、お元気ですか?

今年のカンヌではジム・ジャームッシュ監督の『ブロークン・フラワーズ』が話題だったといろんな記事で読みましたが、大場さんは御覧になりましたか?

私は『コーヒー&シガレッツ』をコーヒー付きの試写で観ましたが、ほんとにコーヒーが美味しかったです。「ジャック、メグにテスラコイルを見せる」とか、何かと一言多いケイト・いとこ・ブランシェットとか、「店員がビル・マーレイだったら」とか、たまんない人の連続で最高ですね。

ので、『ブロークン・フラワーズ』も早く観たいです。

たまんないと言えば、ケヴィン・スミスの『クラークス』も最近やっと観たんですが、たまんないですよね。いちいち変な客が来るし…ビデオ屋もちゃんと商売しろよって。

明日は『ヒトラー〜最期の12日間』を観に行ってきます。


mari さん 2005/07/15 <Fri> 17:26:11

【 Re[1] 無題 】

mariさん、お久しぶりです。お元気そうですね。

私は先月、熊野を訪れ、大雲取越えなど古道を40数キロ
歩いて、リフレッシュしてきました。

mariさん、ジャームッシュがお気に入りなのですね。実は
私はそうでもありません。『パーマネント・バケーション』
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『ダウン・バイ・
ロー』までは大好きですけど、『ミステリー・トレイン』と
『ナイト・オン・ザ・プラネット』でだめになりました。そ
のあと、『デッドマン』で完全に復活したと思ったんですけ
ど、『ゴースト・ドッグ』はやはりだめでした。
『コーヒー&シガレッツ』の初期の作品は、ジャームッシュ
の原点のひとつだとは思っているのですが、これをライフワ
ークのようにしてしまうと、次のステップに行けないような
気がしてまして、観ていて複雑でした。
だから、『ブロークン・フラワーズ』は、期待と不安が半々
というところです。

『ヒトラー〜』は、いかがでしたか?私の評価は、「キネ旬」
の8月上旬号の星取に書いたとおりです。週明けくらいに書店
に並ぶかと思います。
それではまた。


webmaster さん Mail Home 2005/07/16 <Sat> 22:03:33

【 ジャームッシュ、ヒトラー、めざめ 】

大場さんお返事ありがとうございます。
熊野ですか!熊野は一度は行ってみたい場所です。なにか東京では得られない力がみなぎってきそうですね。

私は恥ずかしながら『ナイト・オン・ザ・プラネット』『デッドマン』『コーヒー&シガレッツ』の3作しか観ていません。しかも3作とも絶賛…。ので、なるほど大場さんのおっしゃることを考えるには、他のも観てみたほうがいいなと思いました。ちょっと(今さら)集中的に観てみます。線をつなぐと割とアップダウンのある監督なんですねえ。そういえば馬年というのもありましたね。

『ヒトラー』観ました!シネマライズ満席でした。あれはーそうですね、もちょっとスリムに凝縮してもよかったんではないかと思いました。「秘書とヒトラー」「秘書と戦争」「秘書と人々」の距離感が全部なんだかぼやけてしまっているようで。観ている私もしまいには「そうなんだろうな」の連続で全部受け入れざるを得ず。ヒトラーについて改めていろいろ考えられたのは良かったです。大場さんの評、是非読みたいのでチェックしたいと思います。

あと、以前に教えて頂いた『めざめ』なんですが、あれから観てものすごく好きになりました。ありがとうございました。デビュー作とは驚きです。牛の部分それぞれの物語もすばらしいんですが(教えて頂いたとおり、大好きなモチーフでした!)、キーパーソンの少女がすごいですね。『誰も知らない』の末っ子も良かったですが、この少女は本当にちょっと神がかり的な存在感で。
ってまた長くなってしまいました。では失礼します。


mari さん 2005/07/18 <Mon> 01:08:39

【 Re[1] ジャームッシュ、ヒトラー、めざめ 】

40数キロ歩いたくらいでは、熊野の奥深い世界の表面をかすめ
ただけだとは思いますが、それでも実によい経験になりました。
時間を作ってまた行きたいと思ってます。

ジャームッシュの作品は、最初から観ていくと、『ダウン・バ
イ・ロー』までと、『ミステリー・トレイン』や『ナイト・オ
ン・ザ・プラネット』の間には大きな違いがあると思うんです。
一般的には、同じように受けとめられているみたいですが、ちょ
うどその頃、ジャームッシュとも親しいアレックス・コックス
にインタビューする機会がありまして、その合間にジャームッシ
ュの作品の話になったんですけど、彼もまったく同じ印象をもっ
ていたので、そう感じるのは少なくとも私だけではなさそうで
す。mariさん、集中的に作品を振りかえる機会があったら、ぜひ
感想を聞かせてください。

『めざめ』、やっぱりよかったですか。確かにあの少女はインパ
クトありますよね。いやー、もしかしたらだめだったかもしれな
いと思っていたので、嬉しいです。
ではまた。


webmaster さん Mail Home 2005/07/21 <Thu> 01:33:30


この掲示板は管理者によってロックされています。

2006/06/15 <Thu> 20:27:11 〜