ハッスル&フロウ
Hustle & Flow


2005年/アメリカ/カラー/116分/ヴィスタ/ドルビーデジタルDTS
line
(初出:「eiga.com」2006年8月8日更新)

 

 

絆を育むアメリカ南部の土壌とそこから生まれる音楽の力

 

 カーティス・ハンソンは『8Mile』で、エミネムの物語を語るだけではなく、デトロイトのインナーシティの日常をリアルに描き出した。ジム・シェリダンは『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』で、50セントの物語を語るだけではなく、アイルランド人としての自己の世界も描き出した。

 同じようにラッパーを主人公(演じてるのは俳優のテレンス・ハワード)にした『ハッスル&フロウ』には、その2作品にはない生々しさと熱気がある。

 メンフィスに生き、メンフィスを舞台にした“Poor & Hungry”でデビューした監督クレイグ・ブリュワーは、メンフィスという街の物語を語ることにこだわり(彼は自分のスタンスを“リージョナル・フィルムメイキング”と呼ぶ)、それをDジェイとその仲間、彼らの音楽に凝縮していく。

 浮浪者から取り上げたキーボード、クーラーも使えないクルマのなかで紡ぎ出されるライム、卵のパックを壁に張った即席のスタジオ、Dジェイが抱える娼婦が身体を張って手に入れる高価なマイク、妊娠によってお荷物になった娼婦のコーラス。

 そんな絆によって作り上げられるデモテープには、彼らのすべてが注ぎ込まれ、それゆえにDジェイをトラブルに巻き込むことにもなる。

 ブリュワーがそんなドラマを通して浮き彫りにするのは、黒人と白人(ちなみにこの監督は白人である)、男と女、囚人と刑務所の看守を繋ぐ南部の土壌とそこから生まれる音楽の力なのだ。


◆スタッフ◆
 
監督/脚本   クレイグ・ブリュワー
Craig Brewer
製作 ジョン・シングルトン、ステファニー・アレイン
John Singleton, Stephanie Allain
製作総指揮 ドワイト・ウィリアムス
Dwight Williams
撮影 エイミー・ヴィンセント
Amy Vincent
編集 ビリー・フォックス
Billy Fox
音楽 スコット・ボマー
Scott Bomar
 
◆キャスト◆
 
Dジェイ   テレンス・ハワード
Terence Howard
キー アンソニー・アンダーソン
Anthony Anderson
ノラ タリン・マニング
Taryn Manning
シャグ タラジ・P・ヘンソン
Taraji P. Henson
シェルビー DJクォールズ
DJ Qualls
アーネル アイザック・ヘイズ
Isaac Hayes
スキニー・ブラック リュダクリス
Ludacris
-
(配給: UIP )
 

 


(upload:2011/01/09)
 
《関連リンク》
クレイグ・ブリュワー 『ブラック・スネーク・モーン』レビュー ■

 
 
amazon.co.jpへ●
 
ご意見はこちらへ Email c-cross@cside2.com