ステーション・エージェント(原題)
The Station Agent  The Station Agent
(2003) on IMDb


2003年/アメリカ/カラー/89分/ヴィスタ/ドルビーデジタル
line
(初出:)

 

 

トム・マッカーシー監督の長編デビュー作
サンダンス映画祭・観客賞&脚本賞受賞

 

[ストーリー] 小人症のフィンバー・マクブライド(以下フィン)は、大の鉄道好きで、ホボーケンで友人ヘンリーが営む鉄道模型専門店で働いていた。そこはフィンが他人の目を気にすることなく、好きなことに没頭できる場所だった。しかし、ヘンリーが突然この世を去り、店は閉じられることになる。

 そして、フィンは、ヘンリーが遺言で彼に、使われなくなった小さな停車場を遺してくれたことを知る。停車場で新たな生活を始めたフィンは、フードトラックを営むキューバ系のジョー、息子を亡くし、喪失感に苛まれるアーティストのオリヴィア、鉄道に興味を持つ黒人の少女クレオ、地元の図書館で司書を務めるエミリーらに出会う。孤独な生活を望んでいたフィンは、そんな他者との関係に戸惑いを覚えるが――。

 レビューのテキストは準備中です。


◆スタッフ◆
 
監督/脚本   トム・マッカーシー
Tom McCarthy
撮影 オリヴァー・ボーケルバーグ
Oliver Bokelberg
編集 トム・マカードル
Tom Mcardle
音楽 スティーヴン・トラスク
Stephen Trask
 
◆キャスト◆
 
フィンバー・マクブライド   ピーター・ディクレージ
Peter Dinklage
オリヴィア パトリシア・クラークソン
Patricia Clarkson
ジョー ボビー・カナヴェイル
Bobby Cannavale
エミリー ミシェル・ウィリアムズ
Michelle Williams
クレオ ラヴェン・グッドウィン
Raven Goodwin
ヘンリー ポール・ベンジャミン
Paul Benjamin
-
(配給:)
 

 

(upload:2012//)
 
 
《関連リンク》
トム・マッカーシー 『靴職人と魔法のミシン』 レビュー ■
トム・マッカーシー 『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』 レビュー ■
トム・マッカーシー 『扉をたたく人』 レビュー ■

 
 
 
amazon.co.jpへ●
 
ご意見はこちらへ Email c-cross@cside2.com