ダラス・バイヤーズクラブ
Dallas Buyers Club


2013年/アメリカ/カラー/117分/スコープサイズ/5.1chドルビーデジタル
line
(初出:「CDジャーナル」2014年3月号、若干の加筆)

 

 

カウボーイ文化から排除され、カウボーイに還る

 

 実話に基づくジャン=マルク・ヴァレ監督の『ダラス・バイヤーズクラブ』の主人公は、80年代半ばのテキサスで電気技師として働きながら、ロデオと酒と女に明け暮れるカウボーイ、ロン・ウッドルーフだ。ある日、自分のトレーラーハウスで意識を失い、医師からHIV陽性、余命30日と宣告された彼は、動揺しつつもエイズの情報をかき集める。

 ランディ・シルツの大著『そしてエイズは蔓延した』に書かれているように、当時のアメリカで何らかの治験薬を投与されていたエイズ患者は1割にも満たず、薬剤の入念な試験が終わるのを待つ間に力尽きる患者が跡を絶たない状況だった。

 そこでこの主人公は、メキシコに行って国外で流通する治療薬を仕入れ、自分で使うだけでなく、商売も始める。直接、薬を売買するのはまずいので、会費を募り、必要な薬を無料で配布するというシステムを作る。それが“ダラス・バイヤーズクラブ”だ。

 但し、実際に未承認の医薬品を輸入したのは彼だけではない。シルツの前掲同書によれば、すでにサンフランシスコには広範なアングラ市場が生まれていたし、「トゥース・フェアリーズと称するバークリーのグループは、国境の税関で薬を摘発されない方法を教える手引書をまとめた」という。

 さらに、フラン・ホーソンの『FDA(米国食品医薬品局)の正体』にも、「エイズ患者らはあらゆる治療法を必死になって探し、メキシコやブラジルまで最新の奇跡の治療を求めて足を運び、米連邦法に違反して未承認の医薬品を輸入した」とある。

 ウッドルーフはあくまでそうした人々のひとりであり、おそらくアメリカ全体としてみれば当時それほど目立った存在というわけではなかっただろう。だが、この映画には他の地域では成り立たないようなドラマがある。

 彼が生活しているのはテキサスの保守的な地域であり、またアン・リーの『ブロークバック・マウンテン』に描かれたように、カウボーイ文化では同性間の社会的な絆である“ホモソーシャル”と同性愛を嫌悪する“ホモフォビア”が不可分に結びついている。だからゲイ=エイズという偏見もより根深いものになる。そんなコミュニティに属していた彼は、生きようとする以前にまず、自身のなかに巣くう偏見や周囲からの露骨な疎外に打ち克たなければならない。

 もし彼が最初にそう見えたような自堕落なカウボーイであったなら、サンフランシスコのような他の土地に移っていただろう。だが彼はそこに留まる。そして、トランスジェンダーのクイーンを受け入れ、さらには目の前に立ちはだかる政府やFDAに戦いを挑もうとする。


◆スタッフ◆
 
監督   ジャン=マルク・ヴァレ
Jean-Marc Vallee
脚本 クレイグ・ボーテンメリッサ・ウォーラック
Craig Borten, Melisa Wallack
撮影 イヴ・ベランジェ
Yves Belanger
編集 ジョン・マック・マクマーフィー、マーティン・ペンサ
John Mac McMurphy, Martin Pensa
 
◆キャスト◆
 
ロン・ウッドルーフ   マシュー・マコノヒー
Matthew McConaughey
レイヨン ジャレッド・レト
Jared Leto
イブ ジェニファー・ガーナー
Jennifer Garner
医師セバード デニス・オヘア
Denis O’Hare
タッカー スティーヴ・ザーン
Steve Zahn
リチャード・バークレー マイケル・オニール
Michael O'Neill
デイビッド・ウェイン ダラス・ロバーツ
Dallas Roberts
医師バス グリフィン・ダン
Griffin Dunne
T.J. ケヴィン・ランキン
Kevin Rankin
-
(配給:ファインフィルムズ)
 

 そのとき彼が押し通すカウボーイルックが印象深いものになっていく。彼の姿勢は、かつて障害を乗り越え、フロンティアを切り拓いたカウボーイ本来の姿を思い出させる。つまり、伝統的なコミュニティから排除された彼は、ウォルター・サレス『オン・ザ・ロード』で主人公サルが憧れたようなカウボーイに変貌を遂げているのだ。

《参照/引用文献》
『そしてエイズは蔓延した』 ランディ・シルツ●
曽田能宗訳(草思社、1991年)
『FDA(米国食品医薬品局)の正体』 フラン・ホーソン●
栗原千絵子・斉尾武郎共監訳(篠原出版新社、2011年/2012年)

(upload:2014/03/28)
 
 
《関連リンク》
ジャン=マルク・ヴァレ 『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 レビュー ■
ジャン=マルク・ヴァレ 『C.R.A.Z.Y.』 レビュー ■
ゲイの浸透と新しい家族の絆――レーヴィット、ホームズ、カニンガム ■
ゲイ・フィクションの変遷――アメリカン・ファミリーとの関係をめぐって ■
ゲイ・フィクションの枠を超えて広がる物語と世界
――『Toby’s Lie』、『Mysterious Skin』、『In Awe』をめぐって
■
ゲイをめぐるダブル・スタンダード
――歪んだ社会を浮き彫りにする小説とノンフィクションを読む
■
ランディ・シルツ 『そしてエイズは蔓延した』 レビュー ■
ホモセクシュアリティとカトリックの信仰――『司祭』と『月の瞳』 ■
ホモソーシャル、ホモセクシュアル、ホモフォビア
――『リバティーン』と『ブロークバック・マウンテン』をめぐって
■
ウォルター・サレス 『オン・ザ・ロード』 レビュー01 ■
ウォルター・サレス 『オン・ザ・ロード』 レビュー02 ■

 
 
amazon.comへ●
 
ご意見はこちらへ Email c-cross@cside2.com