父の秘密
Despues de Lucia / After Lucia


2012年/メキシコ/カラー/103分/ヴィスタ
line
(初出:「CDジャーナル」2013年11月号、若干の加筆)

 

 

ミヒャエル・ハネケ以後の感性
父親と娘の間にある暴力性を炙り出す

 

 メキシコの新鋭マイケル・フランコの『父の秘密』は、スウェーデン出身のリューベン・オストルンド監督の『プレイ』(2011年にTIFFで上映)と同じように、暴力に対する視点がミヒャエル・ハネケ以後を感じさせる。

 ハネケ作品における暴力は、登場人物たちの行動を規定する様々なルールに基づく支配と服従の関係から放たれる。彼はそんな暴力を、モラルに縛られることなく冷徹に描き出す。ハネケ以後を感じさせる作品では、同様の視点が際立っている。

 『父の秘密』の主人公は、最愛の妻であり母である女性を交通事故で亡くした親子だ。父親のロベルトと娘のアレハンドラは、メキシコシティに転居して平穏な日常を取り戻そうとする。

 だが、シェフの仕事に就いたロベルトは、喪失の痛みを乗り越えることができずに空虚感にとらわれ、学校生活に慣れてきたアレハンドラは、ある週末にクラスの人気者と一夜限りの関係を持ってしまったことから、陰湿きわまりないイジメを受けるようになり、どこまでも追い詰められていく。

 この映画では、同級生たちがアレハンドラの弱みにつけ込み、精神的、肉体的に虐げる様子が生々しく描き出される。しかしそれだけがハネケ的なのではない。父娘の関係に対しても独自の視点が反映されている。

 たとえば、ハネケの『セブンス・コンチネント』では、商品や情報の消費を繰り返すごく普通の生活にすでに暴力が潜み、最終的に主人公となる一家が暴力で繋がっていたことが明らかにされる。

 『父の秘密』は、ロベルトが修理工場で受け取った車を運転していく場面から始まるが、彼は突然、往来のある車道に車を放置したまま立ち去ってしまう。後にそれは、母親が事故死した車であることがわかる。事故は母親が娘に運転を教えているときに起こったようだが、父親も娘もそのことに対して心の整理がついているようには見えない。

 父親は過去をすべて消し去ろうと躍起になり、過去が脳裏をよぎるたびに衝動的な行動に出る。娘は過去に対して異なる想いを抱いているようだが、不安定な父親に気を使い、心を閉ざしてしまう。フランコ監督は車やベッドという限定された空間を巧みに使い、それぞれの閉塞感を際立たせていく。


◆スタッフ◆
 
監督/脚本/編集   マイケル・フランコ
Michel Franco
撮影 チューイ・チャベズ
Chuy Chavez
編集 アントニオ・ブリビエスカ
Antonio Bribiesca
 
◆キャスト◆
 
アレハンドラ   テッサ・イア
Tessa Ia
ロベルト ヘルナン・メンドーサ
Hernan Mendoza
ホセ ゴンザロ・ヴェガJr.
Gonzalo Vega Sisto
カミーラ タマラ・ヤズベック
Tamara Yazbek
ベルナール ジャビエ・フランシスコ
Javier Francisco
ルエダ イレーネ・パローマ
Irene Paloma
-
(配給:彩プロ)
 

 そして、父娘の心のすれ違いが、最終的に取り返しのつかない事態を招き寄せる。私たちは彼らが、基本的な関係性を構築する基盤を見失い、お互いに相手の退路を断ってしまうような悪循環を生み出していたことに気づく。結果からいえばそれもまた暴力であり、父娘は暴力で繋がっていたことになる。

※ヒロインのアレクサンドラを演じたのは、脚本家ギジェルモ・アリアガの初監督作品『あの日、欲望の大地で』(08)でデビューしたテッサ・イア


(upload:2014/04/15)
 
 
《関連リンク》
『父の秘密』 公式サイト
ミシェル・フランコ 『或る終焉』 レビュー ■
坂本あゆみ 『FORMA [フォルマ]』 レビュー ■
リューベン・オストルンド 『プレイ』 レビュー ■
ミヒャエル・ハネケ 『ピアニスト』 レビュー ■
フランスとドイツ、移民をめぐる不安と葛藤と欲望
――『隠された記憶』と『愛より強く』をめぐって
■
ミヒャエル・ハネケ 『白いリボン』 レビュー ■
ミヒャエル・ハネケ 『愛、アムール』 レビュー ■

 
 
amazon.co.jpへ●
 
 
ご意見はこちらへ Email c-cross@cside2.com