◇◇ポール・トーマス・アンダーソン/Paul Thomas Anderson◇◇

 

1970年生まれ。初期短編「Cigarettes & Coffee」をブラッシュアップした『ハードエイト』(96)で長編デビュー。1970年代の米ポルノ業界の内幕を描いた『ブギーナイツ』(97)がヒットしただけでなく、脚本賞ほかアカデミー賞3部門ノミネートされるなど賞レースに躍り出たことから一躍注目される存在となった。その後、トム・クルーズらを起用した『マグノリア』(99)でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したほか、アカデミー賞3部門ノミネート、『パンチドランク・ラブ』(02)ではカンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、まだ若く寡作ながら一定の評価を得ることになる。さらに、ダニエル・デイ=ルイスが石油王を演じた『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)はベルリン国際映画祭監督賞受賞のほか、アカデミー賞の作品賞を含む8部門にノミネートされ最優秀男優賞と最優秀撮影賞を受賞、さらに全米映画批評家協会賞など多数の賞を受賞するなど、手掛けた作品のほとんどが各国の映画祭で賞レースに参戦している。本作でもベネチア国際映画祭監督賞を受賞したため、世界3大映画祭であるカンヌ・ベルリン・ベネチアにおいて全ての監督賞に輝いている稀有の監督となった。

(『ザ・マスター』プレスより引用)


▼ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、キャサリン・ウォーターストン、リース・ウィザースプーン、ベニチオ・デル・トロ、ジェナ・マローン、ジョアンナ・ニューサム共演の『インヒアレント・ヴァイス』(14)は、2015年4月18日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田ほか全国公開。

▼ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス共演の『ザ・マスター』(12)は、2013年3月22日よりロードショー。2013年9月20日ブルーレイ&DVDリリース。


インヒアレント・ヴァイス (2014) Inherent Vice (2014) on IMDb
ザ・マスター (2012) The Master (2012) on IMDb
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) There Will Be Blood (2007) on IMDb
パンチドランク・ラブ (2002) Punch-Drunk Love (2002) on IMDb
マグノリア (1999) Magnolia (1999) on IMDb
ブギーナイツ (1997)  Boogie Nights (1997) on IMDb
■ ハードエイト (1996) Hard Eight (1996) on IMDb

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

back topへ



■home ■Movie ■Book ■Art ■Music ■Politics ■Life ■Others ■Digital ■Current Issues