◇◇アキ・カウリスマキ/Aki Kaurismaki ◇◇

 

1957年4月4日フィンランド、オリマティラ生まれ。ヘルシンキの大学ではコミュニケーション論を学ぶ。在学中は大学新聞をひとりで編集するなど、すでに単独者としての片鱗を見せる。そのかたわらフィンランドの代表的な映画雑誌にも盛んに寄稿する。雑誌編集にも積極的に参加し、全ページを別のペンネームで書き分けるなどその偉才ぶりを発揮。その後、映画評論家としてキャリアをスタートさせるが、評論だけにはとどまらずシナリオ作家、俳優、助監督など数々の仕事に携わり、1980年、兄ミカが監督した中編「Valehtelija」に俳優として出演。
最初の長編監督作品は83年のドストエフスキー原作の『罪と罰』である。この作品がフィンランドのオスカーにあたるユッシ賞の第一回最優秀処女作品賞と最優秀脚本賞をダブル受賞し一躍注目を浴び、さらに東京国際映画祭のヤング・シネマにも出品された『パラダイスの夕暮れ』がカンヌ映画祭の監督週間をはじめ各国の映画祭に招待され、世界の映画人の注目を集める。
カウリスマキ兄弟は、1981年にゴダールの『アルファヴィル』から命名した映画会社《ヴィレアルファ》を設立、また、<センソ・フィルム>という配給会社も所有し、ヘルシンキ中心部には<アンドラ・カルチャー・コンプレックス>という映画館も運営していた。

(『ル・アーヴルの靴みがき』プレス参照)


●ペドロ・コスタ、ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラが参加したオムニバス作品『ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区』(12)は、2013年9月14日(土)より公開。カウリスマキは1本目の「バーテンダー」を監督。


ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区 (2012) Centro Historico (2012) on IMDb
ル・アーヴルの靴みがき (2011) Le Havre (2011) on IMDb
街のあかり (2006) Lights in the Dusk (2006) on IMDb
過去のない男 (2002) The Man Without a Past (2002) on IMDb
白い花びら (1998) Juha (1999) on IMDb
白い花びら (1998)・インタビュー
浮き雲 (1996)  Drifting Clouds (1996) on IMDb

 
 
 
 
 
 

back topへ



■home ■Movie ■Book ■Art ■Music ■Politics ■Life ■Others ■Digital ■Current Issues