◇◇マリア・ボネヴィー/Maria Bonnevie◇◇

 

1973年、スウェーデンのヴェステロース生まれ、ノルウェーのオスロで育つ。父はスウェーデン人、母はノルウェー人で共に俳優。15歳で初舞台を踏み、スウェーデン王立演劇・パントマイムアカデミー在学中にビレ・アウグスト監督の大作『エルサレム』(96)のヒロインに抜擢され、注目を浴びる。スウェーデン王立ドラマ劇場でイングマル・ベルイマン演出『ブルグントの女王イヴォンヌ』(97)に出演。以後北欧で舞台女優として実績を積む一方、英語圏映画にも出演。

(『ヴェラの祈り』プレス参照)


▼スサンネ・ビア監督、ニコライ・コスター=ワルドー、ウルリッヒ・トムセン、ニコライ・リー・コス共演の『真夜中のゆりかご』(14)は、5月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

▼アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の第2作『ヴェラの祈り』(07)と第3作『エレナの惑い』(11)は、2014年12月20日(土)よりユーロスペースほか全国連続ロードショー!。


真夜中のゆりかご (2014)
ヴェラの祈り (2007)
恋に落ちる確率 (2003)

 
 
 
 
 
 
 

back topへ



■home ■Movie ■Book ■Art ■Music ■Politics ■Life ■Others ■Digital ■Current Issues