オーファンズ / トム・ウェイツ
Orphans / Tom Waits (2006)


 
line
(初出:「CDジャーナル」2006年12月号)

 

 

シュールでタイムレスな音楽と物語の空間

 

 これまで書きためてきた曲も含む新曲30曲に、『デッドマン・ウォーキング』、『エンド・オブ・バイオレンス』、『ポロック』などの映画、クルト・ワイルやダニエル・ジョンストンのトリビュート盤に提供した曲などを加えた全54曲。そのマテリアルを、ブルース、バラード、実験的な音楽を軸として再構成している。

 ウェイツの集大成を実感させるのは、ジャンク、ノイズ、ヒューマンビートボックス、ワーク・ソング、アイリッシュ・トラッド、ラテン、トーチ・ソング、演劇、ラジオ・ドラマなど、多面的な魅力が集約されているからだけではない。

 彼がチャールズ・ブコウスキーのなかで一番のお気に入りだと語っていた詩<ニルヴァーナ>の朗読があり、ケルアックのテキストをブルージーにアレンジした<オン・ザ・ロード>がラストを飾り、それに続く2曲のシークレット・トラックが、レニー・ブルースとロード・バックレーという言葉とトークの魔術師へのオマージュになっているように、創作の出発点までもが網羅されている。レッドベリーに対するオブセッションも、具体的な曲やスタイルとしてだけではなく、スピリットとして全編に脈打っている。

 ウェイツの公私に渡るパートナーであるキャスリーン・ブレナンの存在も見逃せない。それは単にアイリッシュのテイストということではない。彼女のレコード・コレクションは、多様な音楽的、文化的な土壌に自在にアクセスできるアーカイヴとなり、ふたりはそこから、時代の潮流とは一線を画すシュールでタイムレスな音楽と物語の空間を生み出してきた。これは、そんなコラボレーションの結晶といえる。

 だが、同時に彼らは、社会により積極的にコミットする姿勢も打ち出している。<ロード・トゥ・ピース>には、前作『リアル・ゴーン』に収められた<デイ・アフター・トゥモロー>よりも明確な政治的メッセージがある。実名を盛り込み、自爆テロを詳細に再現し、中東における無益な報復の応酬とブッシュ政権を批判する詞と曲調には、深い哀しみと怒りが込められているのだ。


  ◆曲目◆
 
 <Disc 01 Brawlers>
01.   Lie to Me
02. Low Down
03. 2:19
04. Fish In The Jailhouse
05. Bottom Of The World
06. Lucinda
07. Ain't Goin' Down To The Well
08. Load I've Been Changed
09. Puttin' On The Dog
10. Road To Peace
11. All The Time
12. The Return Of Jackie And Judy
13. Walk Away
14. Sea Of Love
15. Buzz Fledderjohn
16. Rains On Me
 
 <Disc 02 Bawlers>
01.   Suitcase In My Hand
02. Cat And Mouse
03. Long Way Home
04. Widow's Grove
05. Little Drop Of Poison
06. Shiny Things
07. World Keeps Turning
08. Tell It To Me
09. Never Let Go
10. Fannin Street
11. Little Man
12. It's Over
13. If I Have To Go
14. Goodnight Irene
15. The Fall Of Troy
16. Take Care Of All My Children
17. Down There By The Train
18. Danny Says
19. Jayne's Blue Wish
20. Young At Heart
 
 <Disc 03 Bawlers>
01.   What Keeps Mankind Alive
02. Children's Story
03. Heigh Ho
04. Army Ants
05. Books Of Moses
06. Bone Chain
07. Two Sisters
08. First Kiss
09. Dog Door
10. Redrum
11. Nirvana
12. Home I'll Never Be
13. Poor Little Lamb
14. Altar Boy
15. The Pontiac
16. Spidey's Wild Ride
17. King Kong
18. On The Road
19. Dog Treat
20. Missing My Son
 
 ◆演奏◆
 
Disc 01: Anges Amar(whistels), Bobby Baloo(boulders, cowbells), Seth Ford-Young(bass), Joe Gore(guitar), Charlie Musselwhite(harmonica), Marc Ribot(guitar), Larry Taylor(bass), Casey Waits(drums), Tom Waits(vocals, guitar, keyboard, percussion, etc.)
Disc 02: Bobby Black (steel guitar), Seth Ford-Young(bass), Joe Gore(guitar), Carla Kihlstedt(violin), Nic Phelps(horns), Larry Taylor(bass)
Disc 03: Ara Anderson(trumpet), Michael Blair(drums, percussion), Brian(percussion), Matt Brubeck(bass), Crispin Cloe(sax), Bent Clausen(piano), Greg Cohen(bass), Eddie Davis(banjo), Darrel Devore(circular violin), Mitchell Froom(chamberlain), Bob Funk(trombone), Amo Hecht(sax), Bart Hopkins(bamboo clarinet), Carla Kihlstedt(violin), Guy Klesevik(accordion)

(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

 


(upload:2007/12/15)
 
《関連リンク》
トム・ウェイツ――酔いどれ詩人の遺伝子とリアルな仮面 ■
ベント・ハーメル 『酔いどれ詩人になるまえに』 レビュー ■
チャールズ・ブコウスキー――糞まみれのゲルマン魂 ■
ロバート・アルトマン 『ショート・カッツ』 レビュー ■
スカーレット・ヨハンソン 『レイ・マイ・ヘッド』 レビュー ■
ウォルター・サレス 『オン・ザ・ロード』 レビュー ■

 
イケベ楽器店web site
 
 
amazson.co.jpへ●
 
ご意見はこちらへ Email c-cross@cside2.com