そして、私たちは愛に帰る:サウンドトラック / VA
Auf Der Anderen Seite (The Edge of Heaven) / Various Artists (2007)


 
line
(初出:)

トルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督
カンヌ国際映画祭 脚本賞受賞作のサントラ

 トルコ系移民の二世としてドイツに生まれ育ったファティ・アキン監督は、ふたつの国と文化に深く関わるドラマを紡ぎ出してきた。劇映画としては『愛より強く』以来の新作となる『そして、私たちは愛に帰る』も例外ではない。

 男手ひとつで息子を育て上げ、余生を娼婦と過ごそうとするトルコ系移民の父アリと、息子で大学講師のネジャット。出稼ぎでトルコからドイツに渡り、娼婦になった母イェテルと、反政府活動で当局にマークされ、トルコからドイツに逃れてきた娘のアイテン。強制送還されたアイテンに特別な感情を抱き、彼女を救うためにイスタンブールに旅立つロッテと、そんな娘を心ならずも突き放してしまう母スザンヌ。この映画では、三組の親子の運命が絡み合っていく。

 サントラ・レビューのテキストは準備中です。しばらくお待ちください。


◆Jacket◆
 
◆Track listing◆

01.   Ben Seni Sevdugumi (Mackali Hasan Tunc) - Kazim Koyuncu & Seeval Sam
02. Blacksea Trip - Shantel
03. Kasap Havasi (Butcher's Air) - Selim Sesler
04. Koupes - I'll smash Glasses - Shantel
05. Son Hatira (Fehmi Ege) - Nese Kara Bocek
06. Ta Travudia - The Rootsman
07. Ayten & Airport - Shantel
08. Heyamo - Birol Topaloglu
09. Inel Inel de Aur - Bucovina Dub (Rona Hartner & DJ Click) - Shantel vs. Rona Hartner & DJ Click
10. Pietons - Bucovina Dub (Reiner Binder-Krieglstein, S. Hantel) - Shantel feat. Binder & Klieglstein
11. Olursem Yaziktir (Hayri Yenigun) - Sezen Aksu
12. Eight Bars Later - Shantel
13. Ben Seni in Dub (Mackali Hasan Tunc) - Shantel vs. Kazim Koyuncu
14. Safak Turkusu - Ahmet Kaya
15. Camburnu - Yusuf Kaba
16. Johann Sebastian Bach: Menuet in G-Major (Johann Sebastian Bach) - John Bullard
17. Glazart Sea - Shantel
18. Six Bars Later - Shantel
19. Ben Seni Sevdugumi (Mackali Hasan Tunc) - Kazim Koyuncu
20. Lotte & Ayten - Shantel
21. Road to the Funeral - Shantel
22. Ben Seni Sevdugumi - Mackali Hasan Tunc

◆Personnel◆

Various Artists

(Columbia)

 
 

(upload:)
 
 
《関連リンク》
『愛より強く』(2004)レビュー ■
『クロッシング・ザ・ブリッジ』(2005)レビュー ■
『ソウル・キッチン』(2009)レビュー ■

 
amazon.co.jpへ●
 
ご意見はこちらへ Email c-cross@cside2.com