-
-

サバービアの憂鬱

-
 
 
1993年に東京書籍から『サバービアの憂鬱』という本を出しました。
これは、アメリカのサバービア(郊外住宅地)の戦後から現代に至る発展過程や、家族と個人、ライフスタイル、政治や人種問題との関係などをめぐる諸問題を、映画、小説、ノンフィクション、音楽、写真やその他のアートなどを通して検証する本でした。
本の評判は悪くなかったのですが、残念ながらそれがセールスに結びつかず、現在は絶版になっています。
ここでは、その『サバービアの憂鬱』の全文、およびその他のサバービアに関連する文章を公開しています。ぜひお読みください。
『サバービアの憂鬱』通信
「サバービアの憂鬱 アメリカン・ファミリーの光と影」(東京書籍)の目次


サバービアの憂鬱 序章
第1章 50年代の郊外の世界へ
第2章 新しい郊外の現実
第3章 娯楽を変えた50年代のモンスター
第4章 広告と商品から浮かびあがる郊外の幸福
第5章 アメリカン・ファミリーの出発点
第6章 郊外と都市のはざまで揺れる理想
第7章 変わりゆくアメリカの風景――郊外の観察者ジョン・チーヴァー
第8章 アメリカン・ファミリーの亀裂
――リチャード・イェーツ、ブルース・J・フリードマン、ジョン・アップダイク、『泳ぐひと』
第9章 アメリカン・ドリームの向こう側――ビル・オウエンズ、ジョイス・キャロル・オーツ 
第10章 郊外住宅地の夜空に飛来するUFO――スティーヴン・スピルバーグのトラウマ
第11章 ボルティモアの郊外から噴きだすバッド・テイスト――ジョン・ウォーターズの挑発
第12章 郊外の子供たちのモノローグ――『ぼくらを撃つな!』、エリック・フィッシュル、ベッツィ・イスラエル
第13章 中流の生活を見つめるミニマリズムの作家たち――レイモンド・カーヴァー、デイヴィッド・レーヴィット
第14章 保守化するアメリカから浮かびあがる家族の肖像――『普通の人々』、ブラット・パック、ジョン・ヒューズ
第15章 崩壊する家庭とよみがえる50年代の亡霊――スティーヴン・キングの暗闇
第16章 揺らぐ50年代のイメージ――デイヴィッド・リンチ、『ペアレンツ』、『クライ・ベイビー』
第17章 戦争が終わり、世界の終わりが始まった――フィリップ・K・ディックの50年代体験
第18章 郊外のティーンエイジャーに襲いかかる悪夢――『ハロウィン』、ウェス・クレイヴン
第19章 こわばった郊外居住者の妄想――『ネイバーズ』、『メイフィールドの怪人たち』、『チェッキング・アウト』
第20章 エスケープ・フロム・サバーブス――『サムシング・ワイルド』、『トラック29』、『アラクノフォビア』、etc.
第21章 サバーブスからエッジ・シティへ――続・変わりゆくアメリカの風景
第22章 新しいフロンティアのリアリティ――『トゥルー・ストーリーズ』、『ゾンビ』、フレデリック・バーセルミ
第23章 ゲイの浸透と新しい家族の絆――デイヴィッド・レーヴィット、A・M・ホームズ、マイケル・カニンガム
第24章 現代の郊外では何が起こっているのか――郊外のティーンをめぐる80年代の事件簿
第25章 90年代を予感させる歪んだ郊外のイメージ
――『ヘザース』、『アップルゲイツ』、『シザーハンズ』、A・M・ホームズ、『パパの原発』
第26章 コミュニティと理想と個人の希望のはざまで――『トラスト・ミー』、『パブリック・アクセス』
サバービアの憂鬱 あとがき
   
   
◆Suburbia


[Book] 日本人留学生射殺事件とバトンルージュ郊外の状況――事件の背景にある社会の変化と郊外の緊張
[book] 90年代のサバービアと家族を対照的な視点から掘り下げる
――カニンガムの『Flesh and Blood』とホームズの『The End of Alice』をめぐって
[Book] 中道化と個人主義のサバービアはどこに向かうのか
――ムーディの『Purple America』とホームズの『Music for Torching』をめぐって
[Book/Movie] サバービアの理想的な主婦像と表層や秩序に囚われたコミュニティ
――ウォーターズの『シリアル・ママ』とハミルトンの『A Map of the World』をめぐって
[Book] サバービアにつづくハイウェイ上の孤独――路上の物語から浮かび上がる郊外生活の歪み
[Book] アメリカを支配するサバービア――20世紀末、都市と郊外の力関係の変化を検証する
[Movie] 感謝祭とサバーバン・ライフ――都市から郊外ではなく、郊外から都市、そして神話へ
[Movie] トッド・ヘインズ――80年代から浮かび上がるアメリカのダークサイド
[Movie] スティーヴン・スピルバーグ02――偽りの世界としてのサバービア/アメリカ
[Movie] ポスト・サバービアとセラピーとしての暴力と狂気
――『ボウリング・フォー・コロンバイン』、『アカルイミライ』、『カンパニー・マン』をめぐって
   
[Book] イギリスを飲み込む中流化の波――小説から浮かび上がるサッチャリズム
   
   
◆Gated Community
   
[Book/Movie] サバービア、ゲーテッド・コミュニティ、刑務所――犯罪や暴力に対する強迫観念が世界を牢獄に変えていく



-
◆INDEX
■Movie
-
1968 泳ぐひと
1971 激突!
1972 鮮血の美学
  ピンク・フラミンゴ
1975 ジョーズ
1976 デスペレート・リビング
1977 未知との遭遇
1978 ゾンビ
  ハロウィン
1980 普通の人々
1981 ネイバーズ
  ポリエステル
1982 E.T.
  ポルターガイスト
1983 アウトサイダー
  ランブルフィッシュ
1984 エルム街の悪夢
  すてきな片想い
  反逆のパンク・ロック
1985 ときめきサイエンス
  ブレックファスト・クラブ
1986 ウィズダム/夢のかけら
  サムシング・ワイルド
  デヴィッド・バーンのトゥルー・ストーリー
  デッドリー・フレンド
  フェリスはある朝突然に
  ブルー・ベルベット
  リトル・ショップ・オブ・ホラーズ
1987 トラック29
1988 ヘアスプレー
  ペアレンツ
1989 チェッキング・アウト
  ヘザース・ベロニカの熱い日
  メイフィールドの怪人たち
1990 アップルゲイツ
  アラクノフォビア
  クライ・ベイビー
  シザーハンズ
  トラスト・ミー
1991 壁の中に誰かがいる
  ストレート・アウト・オブ・ブルックリン
  ポイズン
1993 ショート・カッツ
  パブリック・アクセス
1994 エド・ウッド
  シリアル・ママ
1995 SAFE
1996 ミルドレッド
1997 インディアナポリスの夏
  シーズ・ソー・ラヴリー
  ブギーナイツ
1998 カラー・オブ・ハート
  同級生
  トゥルーマン・ショー
  バッファロー'66
  ホームドラマ
  隣人は静かに笑う
1999 アメリカン・ビューティー
  マップ・オブ・ザ・ワールド
2000 ドラキュリア
2001 ドニー・ダーコ
2002 エデンより彼方に
  キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
  Ken Park
  パニック・ルーム
  ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター
2003 エイプリルの七面鳥
  エレファント
  ニュータウン物語
  バッドサンタ
  ビッグ・フィッシュ
  4人の食卓
2004 ある愛の風景
  おわらない物語‐アビバの場合‐
  ナルコ
  プライマー
2005 サムサッカー
  ダウン・イン・ザ・バレー
  ザ・チャムスクラバー(原題)
2006 アイスバーグ!
  青春☆金属バット
  リトル・チルドレン
2007 その土曜日、7時58分
2008 悲しみが乾くまで
2009 運命のボタン
  かいじゅうたちのいるところ
  シリアスマン
2010 悪人
  キッズ・オールライト
  人生はビギナーズ
  ラビット・ホール
  ランナウェイズ
2012 フランケンウィニー
 
■Book
-
1956 The Organization Man/組織のなかの人間
1957 The Wapshot Chronicle/ワップショット家の人びと
1961 Revolutionary Road / レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (2008)
1962 Stern/スターン氏のはかない抵抗
1964 The Wapshot Scandal/ワップショット家の醜聞
1968 Couples
  Don’t Shoot : We Are Your Children/ぼくらを撃つな!
  Expensive People/贅沢な人びと
1969 Bullet Park/ブリット・パーク
  Them/かれら
1973 Suburbia
1976 Ordinary People/アメリカのありふれた朝
1977 The Shining/シャイニング
  The Stories of John Cheever/橋の上の天使 (1977,1978)
1981 Cujo/クージョ
1983 Christine/クリスティーン
  Moon Deluxe / ムーン・デラックス (1991)
1984 Family Dancing/ファミリー・ダンシング
  Home Before Dark
  Thinner/痩せゆく男
1986 Dad's Nuke / パパの原発 (1988)
1988 Grown-up Fast
  Running Wild / 殺す (1998)
1989 American Appetites
  Equal Affections / 愛されるよりなお深く (1991)
  Jack
1990 Blood in the Face: The Ku Klux Klan, Aryan Nation, Nazi Skinheads, and the Rise of a New White Culture
/ アメリカの極右――白人右派による新しい人種差別運動 (1993)
  A Home at the End of the World / この世の果ての家 (1992)
  Logic of Television: essays in cultural criticism
  Max Lakeman and the Beautiful Stranger
  The Safety of Objects
1991 Edge City: Life on the New Frontier
  Teenage Wasteland: Suburbia's Dead End Kids
1992 Highways to Heaven: The Auto Biography of America
  The Way We Never Were; American Families and the Nostalgia Trap
/ 家族という神話:アメリカン・ファミリーの夢と現実 (1998)
1993 In a Country of Mothers / セラピー・デイト
  フリーズ ピアーズはなぜ服部君を撃ったのか
1994 Going Native
  A Map of the World / マップ・オブ・ザ・ワールド (2001)
  What a Carve Up!
1995 Flesh and Blood
  Interstate
  Psychoville
  The Tortilla Curtain
1996 Cocaine Nights / コカイン・ナイト (2001)
  The End of Alice / わたしがアリスを殺した理由 (2004)
1997 The Big Picture/ビッグ・ピクチャー
  Purple America
1998 Hail Babylon!: American City at the End of Millennium
  The United States of Suburbia: How the Suburbs Took Control of America and What They Plan to Do With It
1999 Music for Torching
  The Old Neighborhood:
What We Lost in the Great Suburban Migration, 1966- 1999
2000 Super-Cannes / スーパー・カンヌ (2002)
2001 Fast Food Nation / ファストフードが世界を食いつくす (2001)
2009 Columbine / コロンバイン銃乱射事件の真実 (2010) ※準備中
 
 
■Music
-
1998 ロイヤル・ハイネス / コットンマウス・キングス
 
■Others
-
 
back topへ

■home ■Movie ■Book ■Art ■Music ■Politics ■Life ■Others ■Digital ■Current Issues